スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AoFE 設定ファイルの置き換えによる、ホットキーとプレイヤー情報の変更方法

2014.11.11.22:32

前のPCで使っていたプレイヤー情報やホットキーの設定を、新しい環境にそっくりそのまま移す方法です。

知っておくと便利です。


※記事の追加と一部更新しました(12月6日)
※さらに記事の追加と一部更新しました(12月7日) 今回でラストの予定です


1ヶ月ぐらい前のことですが、PCが限界を迎えてたのでハードディスクを交換し、OS等を最初から入れ直しました。

OSから入れ直すと全てまっさらな状態になりますので、プリンターなどのドライバも入れ直さないといけません。
AoFEも例外でなく、ホットキーの設定やランダムマップのファイルもなくなり、まっさらな状態になってしまいます。

なにが面倒かと言うと、AoFEで新規プレイヤーを登録してゲームをすると、ホットキーがAoFE仕様になってしまうことです。

具体例をだすと
AOCの初期設定の仕様では、"H"で町の中心を選択、"C"で町の人を生産できます。(AOFEでは"A"で町の人生産)
また、町の人を選択している状態で"B"を押して"E"を押すと家を生産可能な状態になります。

AoFEではこれらの初期設定で割り当てられているキーが大きく変わっていて"ちょっとだけいじって設定を直す"程度では済まなくなります。(AOCからのプレイヤーにとっては致命的ですね。)
なので、バックアップ取っておいたファイルから前の環境を再現する方法を説明します。

------------------------------------------------------------------------------------

前置きが長くなりましたがここから本題に入ります。
(なお、今回よりOSがXP→7に換わりました。ファイルの場所を指すアドレスが7仕様になりますが、XPの人は適宜読み替えて作業を行ってください。)

最初に今回の設定で変更できる内容です。
 ①プレイヤーの登録情報変更(&キャンペーンクリア状態の変更)
 ②ホットキーの設定変更(登録してあるプレイヤー個々の変更可)

②は今回のメインですが、①も変更すればわざわざクリアしなくてもキャンペーンを途中からできるようになります。


【前提条件】※説明するにあたり、前提条件があった方が説明しやすいので付け加えます
 前提1:パソコン買い換え前のバックアップデータがある
 前提2:パソコン買い換え後、AoFEをインストールしゲームも正常に行える
 前提3:プレイヤー登録し、少しホットキーもいじって保存した(これについては後で説明します)
※一応AOCも似たようなものですが、今回説明するのはAoFEでの変更の方法です

【手順1】バックアップしておくファイルを知る
 ①の設定に必要なファイルの場所とファイル
   C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Games\Forgotten Empires
   このフォルダの中にある「player.nfz」がプレイヤー情報(キャンペーン到達率などを含む)です。

 ②の設定に必要なファイルの場所とファイル
   C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II

   このフォルダの中にある「player1.hki」がホットキーの設定です。
   ※人によっては「player2.hki」「player3.hki」数字が飛んで「player8.hki」などもあります



【手順2】①のプレイヤー情報を変更する
重要!作業中はゲームを起動しないでください(起動中にファイル置き換えても、ゲームを再起動するまで設定が反映されないだけなので大した問題ではないですが一応)

前のPCから「player.nfz」をコピーし、このファイルを先ほど説明した
   C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Games\Forgotten Empires
に上書きするだけです。

新しいPCで登録したプレイヤーが1人しかいなくて、前のPCで登録したプレイヤーが1人でも3人だったとしても、上書きしたものに置き換わるので登録数の違いは気にしないで上書きしてください。

この段階でゲームを起動しゲームを始めると、登録プレイヤーが変化しています。ですが、まだホットキーは新しいままです。



【手順3】②のホットキーの情報を変更する
重要!作業中はゲームを起動しないでください(起動中にファイル置き換えても、ゲームを再起動するまで設定が反映されないだけなので大した問題ではないですが一応)

ホットキーは少し癖があります。

一番シンプルな人だと
前のPCから「player1.hki」をコピーし、このファイルを先ほど説明した
   C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II
の「player1.hki」に上書きするだけです。

 ※複数プレイヤーを登録していたり、いろいろやっている人はシンプルでなくなっています


※これについてはいくつか補足が必要なのでその説明をします
---------------------------------------------------------------------------------
 <設定の読み込みと保存のタイミング(予備知識)>
   ・登録してあるプレイヤーとホットキー(のファイル)はAoFEを起動したときに読み込まれます
   ・一度読み込まれると、AoFEを起動している状態で「player.nfz」や「○○○.hki」のファイルを
    上書きしてもAoFE起動中には適用されません
   ・プレイヤー登録の変更やホットキーの変更はAoFEを終了した時に各ファイルに保存されます

 AoFEを起動していない状態で作業してほしかったのは、こういう理由があったためです。


 <ホットキーの設定ファイル「○○○.hki」が生成される条件>
 実はこれ、生成されていないことがあります。
 ホットキーの設定を全くいじっていない初期状態の場合、どうやら生成されないようなのです。(たぶん)

 なので
   ・オプションのホットキーの設定をいじって保存(保存ボタンはありませんがいじればOK)
   ・その後AoFEを終了する(先ほどの読み込みと保存のタイミングの話しにありましたね)
 を行ってください。ホットキーの設定ファイル「○○○.hki」が生成されます。

 「前提3:プレイヤー登録し、少しホットキーもいじって保存した(これについては後で説明します)」
 としたのは、確実に生成されてファイルがわかるようにする為のものでした。


 <ホットキーの設定ファイル「○○○.hki」のさらに細かい補足(豆知識)>
   ・まず新しい環境でプレイヤーを1人新規で登録します(仮に登録名を「スキタイ人1」とする)
    (そのプレイヤーに対して「player1.hki」が対応するホットキーのファイルになる)
   ・次に2人目を「スキタイ人2」の名称で登録します
    (このプレイヤーに対して「player2.hki」が対応するホットキーのファイルになる)
   ・次に今作ったばかりの「スキタイ人2」のプレイヤーを削除します
   ・再度、2人目として「スキタイ人2」の名称で登録します
    (このプレイヤーに対して「player3.hki」が対応するホットキーのファイルになる)

 「player●.hki」の、●の部分を見るとわかるのですが、削除しても+1になっています。
 再度登録する時「スキタイ人2」として同じ名称を使いましたが、別の名称でも+1になることはかわりはありません。

何が言いたいかというと

 「今まで作ったプレイヤーの数によって「player●.hki」の●の数値が違う!
  つまり、人によって変更するファイル名(●の部分)が違う!
  変更したいプレイヤーのホットキーの設定ファイルはどれなのか?
  それをを知ろう!」

 ということになります。

 もし現在登録しているプレイヤーが複数あり 「player●.hki」のファイルも複数あった場合、
 どれを変更するかわからなくなると思います。その調べ方も載せておきます。

 【自分が変更したいプレイヤーの設定ファイルの調べ方】
   ①変更したいプレイヤーのホットキーを適当にいじり、AoFEを終了させてください。
   ②AoFE終了後、設定ファイルが自動で更新されるので、一番新しい更新日時のものが
    目的(置き換えor上書き対象)のファイルとなります。


---------------------------------------------------------------------------------

長い補足が終わりましたので続きです。

シンプルでなかった人とは、
「複数プレイヤーを作っていたり、ホットキーの設定をいじったことのない人」
です。

 「player●.hki」の●の数値が違うだけなので適宜この数値を変更してもらえればいいわけです。

前のPCから「player●.hki」をコピーし、このファイルを先ほど説明した
   C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II
の「player●.hki」にファイル名を変更して上書きするだけです。



説明が回りくどくなって、説明するのに混乱してきたので例を載せておきます。
【例】
 ①現在のパソコン:複数プレイヤーを登録して設定ファイルがどれかわからない
       →先の補足の【自分が変更したいプレイヤーの設定ファイルの調べ方】を参考に
        更新されたファイル(ファイル名)を覚えておく
 ②現在のパソコン:①により、自分が今使っているプレイヤーの設定ファイルが
        「player3.hki」とわかる
 ③前のパソコン:以前のパソコンでも①の方法で設定ファイルがどれか調べておく
       →結果、当時のものは設定ファイル「player1.hki」だった
 ④現在のパソコン:前のパソコンの「player1.hki」を適当にコピーを取り、
        そのファイルの名前を②で調べた「player3.hki」に変更する
 ⑤現在のパソコン:④で名前を変えた「player3.hki」を現在のものに上書きする。
 ⑥現在のパソコン:AoFEを起動し、適当なゲームをプレイしてホットキーが変更されてるか確認する
       →ついでにオプションのほかの部分も確認しておく(画面サイズとかスクロール速度とか調整)
 ⑦現在のパソコン:調整が済んだらおしまい


ちなみにこの方法を使えば、AoFE2.2でも2.4でも他人が使っているやつでもなんでもできます。
新しく作ったプレイヤーにもすぐ同じ設定でプレイできるので便利です。

ホットキーの配置を変更してる途中で適当なキーを押してわけわからなくなっても、
設定ファイルのバックアップを取っておけば元に戻すこともできます。


以上で説明終わりますが、パソコンの買い替えやデータの入れ直しを考えている人は設定ファイルのバックアップをおすすめします。

【最後に】
見切り発車で記事を書き始めると、いくら記事を手直ししてもまとまらないまとまらない(みなさんの読解力でカバーしてください)

あと、ホットキーとかの設定自体は説明の通りに行えばできますが、保存のタイミングとか数回確認した程度の内容ですので、もし違う動作してたらごめんなさい。(ホットキーが無事設定変更できれば問題ない!)



【追記】(12月6日追加分)
この記事を投稿後、環境が整ったのでいろいろ調査しました。

今回の記事ではAOFEが対象ということで話を進めてきました。
しかし「AOCはどうなのか」という疑問も残っていたためそれについても調べてきました。

結論
「AOFE(2.2、2.4)と同様にAOCのbパッチ、cパッチなら同じ方法で置き換えられる(注1)
「AOCのユーザーパッチ1.4は「player1.hki」等のホットキーの設定ファイルが生成されないのでこの方法は使えない」
となりました。

注1・・・AOCのbパッチcパッチで「①プレイヤーの登録情報変更(&キャンペーンクリア状態の変更)」をする場合、設定ファイルそのものと、置き換える(置いてある)場所が違います

C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II
にある「player.nfp」がプレイヤー情報を変更するのに使われていると思われるファイルです。(「思われる」としているのは実験して変更を確かめていないためです。もしAOCのbパッチ、cパッチのプレイヤー情報いじる方がいたら試しにそちらを変更してみてください)


ユーザーパッチ1.4はplayer1.hki等のファイルが更新されず、どこに情報を格納してるのかわかりませんでした。
(もしかしたらどこかに生成されてるかもしれません)
AOCのbパッチcパッチなら一応今回の記事の方法で置き換え可能ですが、今回の記事はあくまで「AOFEが対象」ということにします。


少し話しはかわりますが、win7や8になってAOFEとAOCのユーザーパッチ1.4は起動できるけど、bパッチcパッチはうまく起動しなかったという人もいると思います。
AOCのユーザーパッチ1.4はホットキーの設定ファイルが生成されないので除外しますが、AOFEしか起動しなかった人はAOCで新規プレイヤーを作れないということになります。
AOFEで新規プレイヤーを作ると、ホットキーの設定が引き継がれず、初期設定がAOFE仕様のものになります。

今回、前提条件の前提1で「バックアップ取っておいた人」を対象にしていましたが、取れなかった人向けにAOCの初期設定ファイルをUPしておきました。
バックアップ取っておいたものとは違い手直しは必要ですが、AOFE仕様から直すよりはストレスないかと思います。

UPした場所はMOEAOEのロビーを入り、上部メニューの一番右「リプ板」のところです。(せっかくなので活用してみました)
[file3.zip]という名前のファイルがそうですので、bパッチcパッチが起動できずAOFEの初期設定仕様に悩んでいるAOFEプレイヤーの人はそちらをお使いください。

MOEAOE登録してない人もいるかと思い、やはり自分のところにも置いておきます。(下のURLをコピペしてください)
URL:http://www.geocities.jp/young_man_of_the_scythian/aofe/rms/AOC_default_hki.zip


【追記】(12月7日追加分)
長くなるので別記事にしようかと思いましたが、予備知識的なものなのでこちらの記事に追加しておきます。

今回の内容はAOFEを導入した人で、AOCのbパッチ、cパッチで再び新規プレイヤーを作ろうと考えてる人への注意です。


今回は具体例を先に載せておきます。

<例>
AOFEとAOCでは以下のようなプレイヤーを登録しているものとする。
※( )内はそれぞれの割り当てられたホットキーのファイル名
 ・AOFE側・・・スキタイ人1(player1.hki)、スキタイ人2(player2.hki)
 ・AOC(b、c)側・・・らくだ人間(player1.hki)

この状況の時にAOC側で新たにプレイヤーを作る。この時プレイヤー名を「牛くん」とする。
【「牛くん」追加後】
 ・AOFE側・・・スキタイ人1(player1.hki)、スキタイ人2(player2.hki)
 ・AOC(b、c)側・・・らくだ人間(player1.hki)、牛くん(player2.hki)

ここで今回の注意すべき問題が発生します。

感のいい人は気づくかもしれませんが、牛くんを登録したことにより「player2.hki」がAOC仕様で上書きされます。
もしかしたら牛くんを作っただけでは上書きはされないかもしれませんが、少なくともAOCで牛くんのホットキーをいじってAOCを終了すれば確実にファイルの上書きが発生します。(いじって終了による上書きは確認しました)

つまり現状は
 ・AOFE側・・・スキタイ人1(player1.hki)、スキタイ人2(player2.hki牛くん追加により上書きされた)
 ・AOC(b、c)側・・・らくだ人間(player1.hki)、牛くん(player2.hki)
となっています。


ここまでの説明で気付いている人がいると思いますがAOFEでもAOC(b、c)でも設定ファイルの保存場所とファイル名は同じものを使用しています。

疑問に思っている人もいたと思いますが、
AOFE側のスキタイ人1の「player1.hki」と、AOC(b、c)側のらくだ人間の「player1.hki」は同一ファイルです。(設定ファイル自体一つしかありません)
AOFEでスキタイ人1のホットキーをかえれば、自動的にAOC(b、c)のらくだ人間でも変更したことになります。(逆もまた同じ)

牛くんを新たなプレイヤーとして作ったことにより、既存のホットキーの設定が読み込まれず(以前話した設定ファイルの読み込みのタイミング)、(「player2.hki」が新たに作成されたことにより)実質初期設定(AOC仕様)の上書きが起きてしまいます。

なので、AOFEを導入した人はAOCで新規プレイヤーを作る場合、もしくはAOFEで新規プレイヤーを作る場合は『こういった現象も起きるよ』ということを覚えておいてください。

ちなみに牛くんは新規プレイヤーとして作ったのでこういう問題が生じましたが、すでに作ってあったAOFE側のスキタイ人1とAOC(b、c)側のらくだ人間は「player1.hki」を共有しているだけですので、どちらかを変更すればどちらも変更されるというだけで済みます。


まぁ、今回の追加の話しはかなり稀な人しか起きない現象ですが、たまたま知ったことですので記事にしました。

今回の追加の記事はこれにておしまいです。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

スキタイ人の青年

管理人:スキタイ人の青年

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。