スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HD版AOFEをプレイしてみた&新年のご挨拶

2015.01.02.11:11

昨年末スチームで買ったHD版AOFEをプレイしてみました。

相変わらず普通の記事を書かない私ですが、そんな私が気付いたことを今回も記事にします。


(ちなみに今回の記事はすごく多いです。お正月特番かな?)


その前に、年がかわり2015年になりました。

あけましておめでとうございます。

今年もよいAOE2ライフをご堪能ください。



新年のご挨拶もすんだことですのでさっそく本題に取り掛かります。

では問題。

『HD版AOFEを起動し、最初に私が何をやったでしょうか?』



正解は

『新しいキャンペーンをやってみる』

でした。


HD版AOFEを買った理由がこれですので当然ですね。


しかし、いざやってみようとしたら新しいキャンペーンが見つかりませんでした。
次起動した時に「AOC」と「AOFE」の切り替えボタンがあるのに気づくのですが、初回起動時には気付かなかったので『どうしようか』と思い、仕方なしにここで私はマップ エディタを見てみることにしました。


まず初めに確認したのはユニットです。

牛を探そうと思って起動したのですが、画面を開くと新しいユニットがさっそくお出迎えしてくれました。

TDONK
アマゾンの射手
アマゾンの戦士
アルパカのアルフレッド

「ユニット」の一覧のすぐ見えるところに配置されていたのですが、ROM版AOFEにいなかった新しいユニットです。

ここで私はテンションが上がりました。


グラフィックを見てみると完全に新しいものです。
TDONKは名前が開発コードっぽい名前ですが、これは(おそらく)ロバです。

そして、一覧をスクロールしてみると「牛」を発見しました。
正真正銘「牛」です。表記が「Cow」じゃありません。

ROM版AOFEにもいた「攻城塔」も発見しました。

他にHD版で追加されたものとしてラマなどもいましたが、どうやらかなり追加されてるようです。




しかし、気になることがでてきました。

牛のグラフィックやカマヤックなどのグラフィックが完全にROM版のものと一緒です。

『有志の人がROM版を作った』と聞いていましたが、私の中でひとつの仮説ができはじめていました。


ですがこの話しの続きは後にまわします。



さて、次にやったのはランダムマップです。

HD版ということできれいになったものを見てみようと思い、適当なマップでプレイしてみました。

ホットキーが初期設定で操作がおぼつかないのでプレイ時間よりもホットキー修正の時間の方が長い気がしなくもなかったですが、ここは適当に切り上げ次の疑問へと手をのばしました。



AOE2ではユーザーが自由に作れるランダムマップというものがあります。

作ったランダムマップは特定のフォルダに入れておくとゲームで認識され、ランダムマップ選択時に選べるようになります。

ROM版がそういう仕様なので、HD版も当然あるものと思いショートカットからランダムマップのファイルを格納しているフォルダを特定しました。


HD版では仕様が大きくかわると思っていましたが、ランダムマップのファイルの拡張子がROM版と同じく「rms」であるのを確認しました。

『もしや』と思いファイルを開いてみると、きれいに色づけされています。

色づけとはなにかと言いますと、以前当ブログでお話ししたサクラエディタの設定で、ランダムマップスクリプトに反応して登録してある単語(スクリプト)に色づけがされるというものです。


『ここで色づけされているということはROM版と同じランダムマップが使えるのではないか』

そう思うのは自然なことで、まずはニコ生GA(正式名略)をHD版のフォルダにコピペしてプレイしてみました。

なんの問題もなくすんなりプレイはできたものの、GAはシンプルすぎてきちんと反映されているのかよくわかりません。



次に試したのは爆ランⅢ1.8です。

同じくコピペしてプレイしてみました。
なお、この時点でいろいろ操作してみて「AOC」と「AOFE」の切り替えボタンは見つけてあります。

ニコ生GAもAOFEでプレイしていました。


HD版AOFEで爆ランⅢ1.8を開くと・・・。


いました!牛です!


牛が出現したことにより仮説が強まりました。(が、仮説についてはもう少し後で触れます)

牛をランダムマップにだすためには「705」というコードがカギを握ります。(この話しがよくわからない人は右のリンクからサイトへ飛んで、そのサイトの左のメニューにある「AOFEユニットの出し方」を参照してください)


もしかしたらHD版AOFEでは「COW」で定義されていて、そっちで反応した可能性もありますが、私の中では705で反応したものとこの時の直感で思いました。


ちなみにHD版ではAOCでも牛をだせるかなと思いましたが「AOC」に切り替え後、何回かテストしてみた結果牛は出現しませんでした。

牛は出現しないものの、数体まとまったバグったグラフィックが高確率で出現していたので、おそらくこれが牛、もとい705のデータなんだと思います。

なので結論から言うと「HD版でもAOFEのキャラはAOCでだせない」が言えそうです。(そんなに詳しく調査してないので「言えそう」止まりで)





仮説を話す前にもう一つ話しておくことがあります。

牛を確認後、次にやったのはキャンペーンです。

この段階でAOFEのキャンペーンは最初の選択画面だけは見ていました。


キャンペーンのひとつめ、アラリックの1番最初のシナリオをやってみました。

そして、思うわけです『見覚えあるぞ!』

ますます仮説は強まります。






そろそろ仮説について話す時がきたようです。


仮説とは『ROM版AOFEはHD版AOFEの開発途中のデータである』です。


すでに過去のことなので時系列は曖昧ですが、
ROM版AOFEが出た当初、HD版もでると聞きました。

ROM版とHD版は非常に酷似したものが多く『なぜこんなにも似ているのか』と思っていました。

そしてROM版AOFEをプレイしたことある人ならこう思うでしょう。

『これが開発途中で打ち切られるなんてもったいない』と。


ROM版AOFEのキャンペーンをプレイするとほぼ完成しているのが最初のひとつしかありません。

2つめからはイベントも発生しない中途半端なマップしかありませんでした。

そして私はとあるなりゆきで、ROM版AOFEで牛をだそうとユニットのデータを洗いざらい調べたことがあります。


牛を探す過程でたくさんのユニットや建物を見てきました。

中には『ここまで開発しておいて開発中止するにはもったいない』と思うほど、すばらしいできの建物もありました。


今回HD版のAOFEを購入し実際プレイしてみてわかりましたが、ROM版のAOFEはHD版の開発途中のものであると仮説がたちます。


どういう経緯でROM版へと使われることになったかは知りませんし、この話しをこれ以上掘り下げるのはタブーのような気もするのでここらへんで切り上げますが、これでいままでの疑問は私の中ではなくなりました。


みなさんはどうでしたか?


では、この話しはこれにておしまいです。




------------------------------------------------
さて、今回でてきたものの中で中途半端に話しを切り上げてしまったのものがあるのでそちらの補足をします。


1つめ
HD版AOFEのランダムマップのファイルの場所です。


HD版AOFEは
「C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Age2HD\Random」
こちらのフォルダにランダムマップファイルがあります。

なおROM版と違って、HD版ではAOFEもAOCもこちらに共通のフォルダとしてカスタムしたランダムマップが全て収まります。

---------------------------------------------------------------
注意!2015年7月17日現在ではAOFE4.2にバージョンアップしています。
バージョンアップに伴い保存先がかわりましたので、こちらの記事「HD版(Steam版)AOFE4.2のランダムマップのファイルにどこいった?」から変更内容をご確認ください。(なお、これ以降のバージョンアップで再び保存先の変更があった場合は、おそらく新しい記事をまた投稿すると思うので、そちらを参考にするようにお願いいたします)
---------------------------------------------------------------


2つめ
ROM版AOFEで作成されたランダムマップについてです。


ROM版のAOFE仕様で作られたランダムマップは、HD版ではおそらく問題なく使えると思います。

ただし逆の場合、アステカの射手のようにROM版にいなかったユニットもいるのでそういったユニットをださないように作る必要があります。(でないユニットを出現させるのはバグやエラーの元)


またROM版AOFE仕様で作ったからと言って、全てのデータがHD版に正しく反映されるとも限りません。

HD版の完成にあたり、格納している数値(コード)の入れ替えが起きている可能性もあるからです。

これについては未検証なので断言できませんが、もしランダムマップを開発する人がいたら頭の隅にでも置いといてください。

また、同じくランダムマップを作る際の注意ですが、もしかしたら「COW」とかで定数が定義されているかもしれません。(二重定義)

この辺も未検証なのでもし共通(ROM版とHD版)のランダムマップを作ろうと考えている人がいたら注意してください。




この記事にでてきた補足は以上です。


それではお正月の宇宙人特集・・・じゃなかったHD版&ROM版のAOFE特集を終わります。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

スキタイ人の青年

管理人:スキタイ人の青年

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。